コンテンツへスキップ

各国におけるエールビールの種類

エールビールは発酵させる際にほぼ常温で発酵させる製法であり、メソポタミアでビールが発祥してから受け継がれている製法といえます。

エールビールの本場といえばイギリスです。「ペールエール」は、それまでの濃色ビールと区別するために名付けられ、フルーティーな香りが特徴です。「ブラウンエール」はペールエールに比べるとホップ分が少なく、アルコール度数も低めです。

「スタウト」はギネス社が開発したもので、真っ黒に焦がしたモルトで色付けをしているため、黒い色をしており、バリエーションによってはアルコール度数が10%を超えるものもあります。

ドイツで有名なエールビールが「ヴァイツェン」です。南ドイツのバイエルン地方で伝統的に親しまれ、独特なビール酵母を使用していることでフルーティな香りと淡色が生み出されています。

ベルギーは各修道院の許可を得て醸造されたビールの歴史があり、その中でも「トラビストビール」は知名度のあるビールです。