コンテンツへスキップ

老舗の鮨屋と回転寿司

地元の駅近くに、通りを挟んで老舗の鮨屋と流行の回転寿司が向かい合っています。老舗の鮨屋は創業30年、今は二代目がすしを握り、先代のおやじさんは年季の入ったカウンターの奥でお茶を飲みならがら、二代目の仕事に目を光らせています。毎朝築地で仕入れるというネタはどれも新鮮ですし、穴子やしめ鯖といった手を加えるネタもしっかりとした仕事。さすが老舗の味です。お値段はちょっとお酒を飲んで一品料理を数品、にぎりで締めて一人6~7000円ぐらいでしょうか。お安くはないですが、年に数回はお楽しみで行っています。

向かいの回転寿司、こちらはもちろんお安くてメニューも豊富。子供も一緒の時はこちらですね。大人はすしをしっかり食べられますし、カリフォルニアロールなどの変わりダネもあります。最近はたこ焼きやデザートまでありますから、子供たちも大喜びです。こちらは家族3人で飲んで食べて、それでもお向かいの老舗の1人分より安いですから、家計にも大助かりです。

同じお寿司といっても、老舗と回転寿司ではもう全く別のジャンルと言って良いでしょうね。我が家ではその時々でうまく使い分けていますが、どちらも近所にあってありがたいお店です。

PR|私のクラフトビール物語