コンテンツへスキップ

毎回飲んでいればなれるものですね

学生時代から全く友達同士の飲み会などでビールをはじめとするお酒類を全く飲まなかったのですが。

大学を卒業し就職すると当たり前のように同期の親睦会がありそこで初めてビールを飲むことにまりました。全く飲めないわけではなかったので最初の乾杯ぐらいは仕方ないかと思い、とりあえずビールで乾杯、そして一口飲んだわけですが、やはり苦い、おいしくない、全く隙になれない味でした。

とりあえずグラスは空にしようとちびちび飲んでいたらドンドン空いたグラスに注ぎに来られひたすら飲むはめになってしましました。ですが意外と酔っぱらう事はなくしらふでいられました。

それからも頻繁に会社の歓迎会や忘年会、新年会とお酒を飲む機会が増えていき、そこでも同じように先輩社員や上司からのアルコールハラスメントばりのビール注ぎがあり今では普通にビールや梅酒などのお酒はおいしく飲めるようになりました。もともとお酒には強い体質だったのか今では楽しいお酒を満喫できています。